梶田隆章さんのプロフィール!家族や学歴など!

この記事は2分で読めます

ノーベル物理学賞受賞!

 

スウェーデン王立科学アカデミーが主催する

ノーベル物理学賞」になんと

日本人が選ばれました

 

その名も 梶田隆章(かじた たかあき)さん

物理学賞では

去年の「青色発光ダイオード」で有名になた

3人に続いて今年で11人目になります!

 

そんな名誉ある賞を受賞した

教授ですがプロフィールなどは

どうなんでしょうか?

少し調べてみました。

スポンサードリンク

梶田隆章さんのプロフィール

 

梶田 隆章
(かじた たかあき)
人物情報
生誕 1959年3月9日(56歳)
日本の旗 日本埼玉県
国籍 日本の旗 日本
出身校 埼玉大学
東京大学大学院

梶田 隆章 Wikipedia

 

梶田 隆章さんは日本の物理学賞・天文学者です

専門はニュートリノ研究

 

現在は東京大学宇宙線研究所

という東京大学に附置されている

宇宙線の観測・研究を行っている機関

で教授を務めています。

 

高校は埼玉県立川越高校(偏差値69)

を卒業 その後

埼玉大学物理学科(偏差値55)

に入学・卒業後は

東京大学大学院理学系研究科博士課程

を修了した後今の所属先に関わることになります。

スポンサードリンク

では梶田氏は今回どのような

功績が認められ

ノーベル物理学賞を受賞したのでしょうか。

 

「ニュートリノ」には質量がある

 

今回梶田氏が功績を認められたのは

「ニュートリノ」という物質に

質量があることを世界で初めて観測

によって証明したことです

 

「ニュートリノ」というのは

簡単にいえば宇宙に無数にある

(宇宙を構成している)

小さな粒子

 

この粒子の様子を

(重さや動きとかを含めてすべて)

調べるのは

宇宙(物質など)について

深く知るために必要なこと。

 

それでこの「ニュートリノ」

はもとも質量がないと

考えられてきたのですが

梶田氏は「スーパーカミオカンデ

(下図 スーパーカミオカンデ内

けっこう綺麗な場所ですよね)

 

という「ニュートリノ」を観察する施設

によって「ニュートリノ振動」

というニュートリノに質量がある場合のみに

起きる現象を確認。

 

それを元に

「ニュートリノ」に質量があること

を発見したのですね。

 

ちなみに

観測施設「スーパーカミオカンデ」

の建設に大きく貢献した

ノーベル物理学賞受賞

小柴昌俊東京大学名誉教授

は梶田氏の師匠のような存在です。

 

梶田氏の家族について

 

ネット上の情報ですが

梶田氏は奥様と娘さん二人の4人家族

だそうですが詳細は不明

 

でも女の子二人と考えると

あれを思い出しますね。

電磁波を浴び続けると女の子

   しか生まれない説

 

まあスーパーカミオカンデは

そんな強力な電磁波発しているかはわかりませんが

アンテナとか強力な通信機械とか

何かを送受信する系の場所は

よくあるって言いますしね~

まあただの憶測ですが…

 

まとめ

梶田隆章氏のノーベル物理学賞受賞

  • 「ニュートリノ」に質量がある
  • 高学歴
  • 娘2人の4人家族

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

金箔の町 金沢市の出身の ”隼” で す!

「みんなの疑問を解決したい」というテーマでこのブログを運営しております

今流行のニュースや事件の「なぜ?」を解決すべく日々ネットの情報をかき集め自分の記事を発信中!

動物が好きで特に「犬」をテーマにした動画などはお気に入り!

みなさんどうぞよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー