東京五輪のエンブレムのデザイナー 次に誰がくるか予想してみた。

この記事は3分で読めます

今日 デザイナー 佐野研二郎氏の

東京五輪のエンブレムのデザインが

一般国民の理解を得られない」として

使用停止が決定されました。

 

佐野氏はデザインの盗用を否定して

いますが未だにテレビやネットなどでは

盗用疑惑で大騒ぎ。

 

エンブレムのデザインが使用停止となった今

次に誰のデザインが採用されるか予想してみます。

スポンサードリンク

そもそもあのエンブレムはどうやって選ばれたのか?

そもそも東京五輪のエンブレムは

どうやって募集や選定が行われたの

でしょうか?

 

・デザイン募集

国内外を代表するデザイナーに公募を実施

去年の10月ぐらいには

104点の作品が集まる。

 

・選定方法

デザインの美しさなどの審査基準を設けて

3人の入選作品を選定し、その中の

1点を大会エンブレム候補に選定。

 

でこの選定で選ばれたのが

佐野研二郎氏のデザインしたエンブレム

だったわけですね。

 

しかしこのエンブレムは

ベルギーにある劇場のロゴ

非常によく似ている

とSNSで指摘 その情報が拡散され

現在に至ります。

 

じゃあ他の入賞者のデザインになるのか?

さて 盗用疑惑のある佐野研二郎氏の

エンブレム採用が白紙に戻ってしまったことで

新たなエンブレムデザイン候補はどのデザイナー

が勝ち取るのか…. ということですが

 

順当に考えれば選定段階で

佐野研二郎氏と同じく入賞三作品に選ばれた

原研哉(はら けんや)

葛西薫(かさい かおる)

のどちらかのデザインということに

なるのでしょうか。

スポンサードリンク

原氏はグラフィックデザイナーで

日本的な感性を活かした作品が特徴

 

葛西氏は様々な大手企業の商品の

広告キャンペーンを手がける

アートディレクター

 

方向性は違えど

どちらも様々な賞を受賞されている

実績もある大変素晴らしいデザイナーです。

 

しかし彼らのデザインは(というか佐野氏以外全員)

非公開となっており

現在見ることもできないので国民の

反応もわからず…といったところです。

 

SNS上のエンブレムを採用する手も…

佐野氏のエンブレムが公表された頃ネット上では

佐野氏のデザインが「ダサい」という声で

溢れかえっていました。

 

また数日後に盗用疑惑も出たので

今度はSNS上で新しい東京五輪のエンブレム

を考えてツイートする人も出てきたのです

これをはじめとして

後にハッシュタグをつけて

「東京五輪のロゴマークを勝手に考える」

でデザイン画像を載せツイートする人が増えてきました。

 

ツイッターをやっている方は

ぜひ検索してみてください。

いいデザインがたくさん

ころがってますよね。

 

こういうSNS上でのデザインを採用するのも

ありだと私は思います。

お気に入りの数とかでいわゆる

国民の理解」の度合いがわかるわけですし。

 

デザインを限られた選定者だけで判別

するというのは私はどうかな?と思います。

 

オリンピックはスポーツの祭典というだけではなく

開催国を皆さんにお披露目す機会でもあるので

「国民の目」もエンブレムの選定に加えるべきです。

 

例えば次の選挙とかのついでに

別の投票用紙用意してそこにデザイン幾つか載せて

「どれが東京五輪のエンブレムにふさわしいか

チェックしてください」みたいにするとか。

 

とりあえず国民も多数決方式とかで

一緒に選ばせたほうが絶対いいと思います。

 

まとめ

他の入選者になるか

または全く別の人のデザインか

はたまた 一般公募もありえるかも?

 

なんにしても皆さんが納得するような

デザインをお願いしたいものです。

 

ちなみにこの佐野氏の

盗用疑惑炎上事件

ファイアーエムブレム」と

ネット上では呼ばれているそう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

金箔の町 金沢市の出身の ”隼” で す!

「みんなの疑問を解決したい」というテーマでこのブログを運営しております

今流行のニュースや事件の「なぜ?」を解決すべく日々ネットの情報をかき集め自分の記事を発信中!

動物が好きで特に「犬」をテーマにした動画などはお気に入り!

みなさんどうぞよろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー